天保 8年 現在の東京銀座に糸商「くのや」創業。幕府御用達となる。    

   
大正 2年 東京品川区大崎に製紐工場を設置。    

   
昭和10年 合名会社菊地商店を設立。
東京大田区雪ヶ谷に大森工業を設置。
   

   
昭和22年 新潟県高田市(現在の上越市)に高田工場設置。    

   
昭和25年 株式会社に改組し、菊地工業株式会社設立。    

   
昭和30年 静岡県榛原郡吉田町に静岡工場を設置し、大森工場,高田工場を閉鎖。    

   
昭和37年 ニードル織機試験採用。ニードル織機増設。    

   
昭和39年 日本保安用品協会入会、ヒートセット機設置。    

   
昭和42年 シートベルト用ウエビングの製造を開始。    

   
昭和45年 自動車用シートベルトJIS表示許可工場となる。    

   
昭和46年 染色工場棟が完成。大型自動連続染色機1号機設置。    

   
昭和48年 製織・製品工場棟が完成。染色排水処理施設を設置。    

   
昭和49年 最新型織機試験採用。ラッシングベルト用ミシン設置。    

   
昭和50年 AS(オーストラリアン・スタンダート)表示許可工場となる。    

   
昭和52年 倉庫・厚生施設など増築、緑化対策完了。    

   
昭和53年 染色実験室増設。試験部門拡充。    

   
昭和54年 染色試験機設置。最新型織機試験採用。    

   
昭和55年 試験室,倉庫を増床。
新型織機・高速カムミシン増設。
   

   
昭和57年 糸繰設備設置。カラー・コンピュータ設置。    

   
昭和58年 超音波ウエルダ−設置、新型切断機設置。    

   
昭和60年 連続染色機増設。    

   
昭和61年 最新型ニードル織機増設。    

   
平成 元年 連続染色機4号機増設    

   
平成 2年 染色工場を増床。    

   
平成 3年 スパイラル走行方式連続染色機を世界に先駆けて開発実用化。    

   
平成 4年 半製品用自動倉庫を設置。正面玄関,展示室を増築。
ロープ形状ベルト「ROPBELT」を開発。
シート溶着用ベルト「WELDABELT」を開発。
   

   
平成 5年 本社を静岡工場に移転し、本社工場と改称。
撚糸機構付ダイレクトクリールを開発実用化。
   

   
平成 8年 タイにKIKUCHI NARROW FABRIC THAILAND Co., Ltd.を設立し、シートベルト用ウエビングの製造を開始。
ロープ形状ベルト,シート溶着用ベルトの国際特許を取得。
撚糸機構付ダイレクトクリールの国際特許を取得。
   

   
平成 9年 スパイラル走行方式連続染色機の国際特許を取得。
   

   
平成13年 ISO9001認証取得(自動車用シートベルト)

   
平成18年 米国GMサプライヤー承認取得

   
平成19年 米国クライスラーサプライヤー承認取得
自動検品機を開発実用化

平成20年 レーザー切断機を開発実用化

平成21年 VWサプライヤー承認取得

平成28年 TS16949認証取得(自動車用シートベルト)
   


   
       


Copyright(C) KOGYO CO., LTD. All rights reserved.